HOME
インターネット常設展示「島根大学の履歴書」
-2.正門の下にあった忘れられた川


 島根大学(松江キャンパス)正門下の調査では、弥生〜古墳時代の小さな川が見つかっています。川の中からは、捨てられたたくさんの土器や木器が出土しました。

 この川は、徐々に埋まっていき、古墳時代終わり頃(およそ6世紀後半)には、完全に姿を消します。

 大学構内南部では、こうした名もない小さな川が、他にもいくつか見つかっています。



弥生〜古墳時代の小さな川
第10次調査(正門)

<BACK NEXT>