HOMEインターネット常設展示「島根大学の履歴書」
4-1.「神門郡」


 西暦733年(今から約1,300年前・奈良時代)、有名な『出雲国風土記』が完成しました。
 
 『出雲国風土記』は、全国で編纂された風土記のうち、すべてが完全に残っているものとして、大変、貴重な資料です。

 風土記の記述によれば、奈良時代の島根大学出雲キャンパス一帯は、「神門郡(かんどぐん)」にあたると考えられます。

 島根大学出雲キャンパスから神戸川をわたった場所にある「古志本郷遺跡」からは,神門郡の役所跡と考えられる建物の跡が発見されています。

関連リンク 出雲国風土記(島根県教育庁文化財課)



古志本郷遺跡からみた島根大学出雲C

<BACK NEXT>