HOME>事務室
沿革

 【博物館前史】 まだ途中です。

◆島根大学山陰地域研究総合センター
1959(昭和34)   島根大学山陰文化研究所設置
1984(昭和59)   島根大学山陰地域研究総合センター発足
1987(昭和62).10 島根大学山陰地域研究総合センター資料展示室開設
 農学部・理学部・教育学部・法文学部・附属図書館などから、展示資料が集められ、展示活動が始まる。展示ケースは藤間享先生監修の特注品。
1989(平成元)   パレオパラドキシア骨格復元模型が製作され、展示が始まる。
1992(平成4).4   島根大学山陰地域研究総合センターが島根大学汽水域研究センターに改組。島根大学汽水域研究センター・山陰地域資料展示室に改称。

◆島根大学古代出雲文化資料調査室
1953(昭和28)   文理学部の一室に標本室開設
1978(昭和53)   法文学部歴史学陳列室に改称
2005(平成17).3  古代出雲文化資料調査室2階に移設
 膨大な収蔵資料には,故山本清名誉教授によって収集されたものや「旧制松江高等学校」に保管されていたものなどからなり,日本の考古学を研究するうえで大変,貴重なものが多く含まれている。

島根大学埋蔵文化財調査研究センター
1994(平成6) 第2体育館建設工事に先立つ発掘調査のために設置。
1995(平成7) 旧RIセンター建物に移設。
1999(平成11) 展示室開設。

島根大学ミュージアム
2006(平成18) 本館展示室開設。