34 亀田橋(かめだばし)

 このあたりに志賀直哉・芥川龍之介らが暮らした。
 志賀直哉は、大正3年の夏に滞在した様子を「濠端の住まい」に書いた。
 芥川龍之介は、大正4年8月に滞在した様子を「松江印象記」に書いた。

【地図】


<<33 TOP 35>>