52 舩玉稲荷神社(ふなだまいなりじんじゃ)

 海上安全・船の守護神として信仰された。
 一帯は、江戸時代、船屋・船奉行所など水上交通に関わる施設が並んでいた。
 付近には、松江藩の名力士・雷電為右衛門(らいでんためえもん)の屋敷があった。

【地図】


<<51 TOP 53>>