HOME島大まるごとミュージアム(松江キャンパス)>「ミュージアム本館」展示室


「ミュージアム本館」展示室

 島根大学のキャンパス内では,大学ミュージアム(平成6〜17年度は埋蔵文化財調査研究センター)によって,永年にわたり発掘調査がおこなわれています。本展示室では,主に島大キャンパスから出土した貴重な考古資料が展示されています。
 このほか,様々な標本資料もうけ入れ,展示替えしていく予定です。

         

 バーチャル展示室へ行く >>>
  【現在の主な展示資料】
  ・島根大学構内遺跡出土の縄文前期・丸木舟・カイ・ヤス柄
  ・島根大学構内遺跡出土の縄文土器・石器ほか
  ・島根大学が発見したケニアの大型類人猿化石「ナカリピテクス・ナカヤマイ」レプリカ
  ・世界最古のアユ化石
  ・学生が発掘した1300万年前のヒゲクジラ化石

 月〜金・午前9時〜午後4時30分開館(祝休日・年末年始は閉館),入館無料,ご自由に見学できます。  

 
松江キャンパスアクセス 

 松江キャンパス正門からの順路

 
解説案内が必要でしたら,お気軽にミュージアム本館の職員に申しつけ下さい。

 
事前に予約されれば,休日でも対応いたします。
 

 
昆虫標本、化石標本など
 
戦前の動物標本
 
初期人類の化石、島根大学が発見した大型類人猿化石「ナカリピテクス・ナカヤマイ」
 
島根県の地質・化石
 
キャンパス出土の考古資料
 
キャンパス出土の考古資料

  その他の写真

 
  
 
Copyright(C) 2005-2009  Shimane University Museum