島根大学「プロジェクト研究推進機構」萌芽研究部門

歴史・文化資源を活かした「地域まるごとミュージアム」化実践プロジェクト

〜島根大学旧奥谷宿舎を取り巻く「ひと・まち・なりわい」をキーワードにして〜


この研究では、島根大学旧奥谷宿舎がある松江市城北地区を中心にした出雲地域における近世・近代の「ひと・まち・なりわい」について調査研究し,その資源化によって「地域まるごとミュージアム」化をはかることを目的としています。
 「地域まるごとミュージアム」化をはかるうえでは、大きく次の3本の研究が必要になります。

@ミュージアム・コンテンツの蓄積 旧奥谷宿舎や旧制松江高校〜島根大学史に関する資料、松江の古絵図・古写真、近世・近代の松江に関する古典・和歌・散文・漢詩文・史料等の収集と基礎研究、デジタル化を進めています。
Aフィールド・ミュージアム化やミュージアム・マネジメントのノウハウ蓄積 文化財群・歴史的町並み保全を活かしたミュージアム活動・都市政策・観光政策、伝統産業を活かした商業活動活性化策の事例収集を進めています。
Bアウトプット・実践 ホームページ、GIS、デジタル・アーカイブ(附属図書館と連携)、松江地域SNS(松江市と連携)を活用したりして、研究成果の情報発信をしています。また、月1回、研究メンバーによる連続市民講座を開催し、ミュージアム普及啓発活動に必要なノウハウや人脈を蓄積しています。
 平成21年後半からは、島根大学旧奥谷宿舎が修復を終えて、一般公開・活用される予定です。旧奥谷宿舎を「地域まるごとミュージアム」の「コア施設」として位置付け、この研究で蓄積したコンテンツやノウハウを活かしていく予定です。
キーワード島根大学旧奥谷宿舎、松江、近世、近代、歴史、文学、まちづくり、資源化、フィールドミュージアム
平成20年度計画>>
Copyright(C) 2008-2009  Matsue City Field Museum Project
【戻る】