HOMEキャンパスミュージアム>遺跡のなかの島大キャンパス

 島根大学(松江・出雲キャンパス)は,全域が周知の遺跡に指定されています。

 わが国では,遺跡のなかで開発をおこなう場合,事前に発掘調査を行い,適切に文化財を保護することが「文化財保護法」に定められています。

 島根大学では,「文化財保護法」を遵守し,学内に独自の調査研究機関を設置,永年,キャンパス内の遺跡調査研究に取り組んできました。

 平成6~17年度は,「島根大学埋蔵文化財調査研究センター」がこの役割をにない,平成18年度からは,「島根大学ミュージアム」が引き継ぎ、発掘調査・研究・普及啓発に取り組んでいます。

発掘物語1994~2005
発掘物語2006 秋
発掘物語2007 夏
発掘物語2008 夏
発掘物語2008 冬
発掘物語2009 夏
発掘物語2009 秋
発掘物語2010 夏
発掘物語2012 春
発掘物語2012 夏
発掘物語2013 夏
発掘物語2014 春
発掘物語2014 春
発掘物語2014 秋

島根大学構内遺跡とは
遺跡紹介ムービー(島根大学地域貢献推進協議会制作)
「しまね遺跡探検」(島根大学地域貢献推進協議会制作)
島根県遺跡データベース
 (島根大学構内遺跡島根大学出雲キャンパス構内遺跡

マウスで発掘

発掘調査から報告書の刊行まで

島根大学構内での埋蔵文化財の取扱いについて
 (学内向け)